もう悩まない!店舗デザインの方法とコツについて

店舗デザインにはコツがある

飲食店などの店舗デザインは、その店舗が提供している商品やサービスをより魅力的に提供するために行われています。そのため店舗とマッチしたデザインであれば顧客満足度も高まりますし、逆にマッチしていないデザインを起用してしまうと客足が遠のいてしまうケースも珍しくありません。では実際に店舗デザインを考える際にどのようにすれば良いのか悩む人も多いのですが、実はデザインの方法にはいくつかのコツがあります。それを参考にしながら検討すると、良いデザインが出来上がりやすくなっているのです。

お店のコンセプトとマッチしているかどうか

まず店舗デザインを考える際に重要となっているのが、デザインを提供するお店のコンセプトとデザインがマッチしているかどうかです。特に飲食店の場合は個性を出しやすいので奇抜なデザインも考えやすいのですが、まずお店がどのようなコンセプトで提供されているのかどうか、どのような商品やサービスを取り扱っているのか考える必要があります。

面白みや意外性を求めない

店舗デザインは直接ではありませんが間接的に集客効果に影響を与えており、顧客がお店側に対して何を求めているのかによって店舗デザインで気をつけなければいけないところや取り入れる必要があるものも異なっています。これは上記のお店のコンセプトとは異なり、商品やサービス以外にも顧客にどのような影響を与えるのかを考える必要があるところがポイントです。

設備も踏まえてデザインを検討する

飲食店では厨房やキッチンが存在しているほか、ほかの店舗でもレジや商品棚などお店の内装以外の設備がいくつか用意されています。店舗デザインではそれらの設備もデザインの中でどのように活かしていくのか検討する必要があり、お店全体の様子でデザインを考えるのが大切です。

住宅で行う内装工事は壁紙や床材の張替えといった軽度の作業が多数を占めます。壁紙や床材は日焼けや煙草のヤニなどの汚れで変色するので清潔感が無くなります。そのため、状態改善が目的の張替え作業が必要です。