自宅を売却するときに最低限知っておきたいこと

住宅ローンを払えなくなった場合には

住宅を購入したときに住宅ローンを組む人は多いですが、住宅ローンが途中で支払いできなくなることもあります。このような場合には、借金を滞納することになり、やがては自宅を競売にかけられてしまいます。競売は強制的な手段になりますので、自分で価格設定をすることができません。

そうすると、価格が低く設定されがちで、結果的に安い金額でしか売却できなくなります。安い金額でしか売却できない場合、借金の返済が残る可能性があり、住宅がなくなった上に借金の返済だけは続ける状態に陥ります。また、引越し料金も自分たちで負担しなければならず、金銭的な窮地に追い込まれてしまうでしょう。

このような場合には、競売される前に任意売却をした方が良いでしょう。

任意売却のメリットは金銭的な負担が少なくなること

任意売却をする場合は、一定の条件があります。まず競売が始まる前に行う必要があります。競売が始まった後だと、任意に売却することができなくなりますので、差し押さえをされたらすぐに行動ことが重要です。

任意売却のメリットは、自分たちで価格設定をすることができるため、希望額で売却することも難しくはありません。もちろんその物件の条件によっても異なりますが、少なくとも競売に比べると高値で売却できる可能性が多いです。その結果、売却した金額で借金を全額返済することも可能になります。

また、引っ越しをするときの費用は、債権者と話し合いで決めることができるため、うまくいけば債権者の方で引っ越し費用を出してくれる可能性があるでしょう。

任意売却とは、支払いが完了せずローンが残った状態の住宅を売却することで、売却後に残ったローンを残債と呼びます。